看護師父さんの仕事と勉強の記録

アクセスカウンタ

zoom RSS 第100回看護師国家試験 午後問題78 不安が強いうつ病患者への対応で適切なものは

<<   作成日時 : 2013/08/05 08:50   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

問題78

不安が強いうつ病患者(depression)への対応でもっとも適切なのはどれか。

1,不安の原因を言語化するように促す。
2,不安が強いときは意識的に話題を変える。
3,抗不安薬はなるべく使用しない方がよいと伝える。
4,病気の治療とともに不安は軽減する可能性があることを伝える。
























答え 4.

1,×不安の原因を言語化するように促す。

不安とは、「明確な対象をもたない怖れの感情である」

UTU-NET うつ病教室

不安は言語化するのが難しいとされています。


不安障害の治療の一貫として、
不安を観察するという方法がとられるようですが、

不安障害のカウンセリング

強い不安の渦中にある時には、
難しいことだろうと思います。



2,×不安が強いときは意識的に話題を変える。

話題を変えても不安は消えないだろうし、
だからこそ問題でもある。



3,×抗不安薬はなるべく使用しない方がよいと伝える。

必要に応じて抗不安薬を利用することもある。

看護師国家試験において、
必要性のある薬の使用を制限するような選択肢は、
間違いの場合が多い。



4,○病気の治療とともに不安は軽減する可能性があることを伝える。

期待を抱かせてもいいのか?
という感じも少しするけど、
可能性として語るのなら間違ってはいないだろうとおもう。



個人的には、
1,不安の原因を言語化するように促す
という対応をとってしまいそうですが、
実際に、強い不安の渦中にあるだろうなと思われる人に接してみると、
1は無意味だろうなということがわかります。

「不安で、不安でたまりません・・・、
頭の中がごちゃっごちゃで、
あー!」

と、実際にいわれたときに、

「今の気持ちを言語化してみてください」

とか、
言えないです。


患者さんに感情や気持ちを表出してもらうことの大切さは、
看護師としては何度も教えらることだとおもうので、
ここで1を選択してしまっても、
仕方かなとも思いますが。












テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
第100回看護師国家試験 午後問題78 不安が強いうつ病患者への対応で適切なものは 看護師父さんの仕事と勉強の記録/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる