看護師父さんの仕事と勉強の記録

アクセスカウンタ

zoom RSS 第100回看護師国家試験 午後問題107 小児の喘息発作に関する問題2

<<   作成日時 : 2013/10/24 14:00   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 2

第100回看護師国家試験 午後問題106 小児の喘息発作に関する問題
の続き。

問題107

気管支拡張薬の点滴静脈内注射でAくんの症状は改善した。Aくんは、医師や看護師の質問には素直に答えているが、心配する母親には「病院に来るほどじゃないんだよ、入院はしないからな」と反抗的な態度をとっている。

看護師の対応で最も適切なのはどれか。

1,なぜそう思うのかをAくんに尋ねる。
2,Aくんにではなく母親に病状を尋ねる。
3,母親への態度が適切でないとAくんを叱る。
4,親子関係に問題があるのではないかと母親に伝える。

























答え 1.

1,○なぜそう思うのかをAくんに尋ねる。

普通はこうすると思います。



2,×Aくんにではなく母親に病状を尋ねる。

Aくんが素直に答えているというのに、
あらためて母親に聞く必要もないかと。



3,×母親への態度が適切でないとAくんを叱る。

熱血すぎかと。



4,×親子関係に問題があるのではないかと母親に伝える。

このやりとりだけで判断できないでしょう。



普通に考えれば解答できる問題でしょう。

しかし実はこの問題も、
知識があるほどに迷いが生まれるかもしれない問題。

小児喘息というのは、
心理状態が密接に関係している病気でもあるようで、
特に親子関係が影響をおよぼすこともあるみたいなので、


" target="_blank">小児喘息児の情動制御と母子の相互作用との関連に関する研究の概観と展望

小児喘息の心理学的考察
(この二つの資料は長いので、私も全部は読んでいません。さわりの部分だけでも読んでみると、小児喘息の奥の深さがわかるのではないかと思います。)

こういうことを知っていると、
この問題の場合も、親子関係のほうになにか問題があるのではないか?
そこにつっこんだほうがいいのか?
と、思わなくもないかと。

この問題を深読みしてみると、
小さいころから喘息があった自分の子供に対して、母親が過干渉気味で、
年頃になった子供が、そんな母親を少しうっとうしく思っている、
というようなことがあるのかなと。

ただ、やはり、
問題文にあるようなやりとりだけでは、
4,親子関係に問題があるのではないか、
なんてとても言えないと思いますし、
小児喘息に対する基本的な対応というのは、
この資料にあるようなところでしょう。

小児喘息なんでも早わかり

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
第100回看護師国家試験 午後問題108 小児の喘息発作に関する問題3
第100回看護師国家試験 午後問題107 小児の喘息発作に関する問題2 の続き。 ...続きを見る
脳神経外科看護師のブログ
2013/10/27 15:28

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
初めまして。
看護学生のみやたといいます。
Yahooの検索で見つけて今日はじめてこのサイトに来ました。

小児喘息と心理的な関係について等、
全然勉強していなく、目から鱗でした。

問題の解説だけでなく、それに派生した内容についてまで知ることが出来るなんて、本当に素敵なブログです!
来年の4月までには全部のページを読めるよう、これから毎日日参します^^!
みやた
2013/10/26 02:55
ありがとうございます。
自分の勉強のためにも書いていますので、看護学生にはちょっと必要ないかも、と思われることもあるかも知れませんが、現場に出たときにでも、参考にしてもらえることがあったら幸いです。
もり
2013/10/26 15:30

コメントする help

ニックネーム
本 文
第100回看護師国家試験 午後問題107 小児の喘息発作に関する問題2 看護師父さんの仕事と勉強の記録/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる