看護師父さんの仕事と勉強の記録

アクセスカウンタ

zoom RSS 第100回看護師国家試験 午後問題93 統合失調症の患者の訪問看護に関する問題3

<<   作成日時 : 2013/10/15 15:06   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

第100回看護師国家試験 午後問題92 統合失調症の患者の訪問看護に関する問題2
の続き。

問題93

訪問時、ごみ箱に多くの内服薬が捨てられていた。Aさんは「その薬は飲んではいけないとみんなが言うし、飲むと体がだるくなるので飲みたくない」と言う。

看護師の対応で適切なのはどれか。2つ選べ。

1,「そんなはずはありませんよ」
2,「しばらく内服を休みましょう」
3,「服薬チェック表を使ってみましょう」
4,「薬を飲んだ後の症状を聞かせてください」
5,「薬の内容について主治医に相談してみませんか」

























答え 4.5.

1,×「そんなはずはありませんよ」

「その薬は飲んではいけないとみんなが言う」
という部分については、
そんなはずはない!
と思うところかもしれないけど、
相手の言ったことをいきなり否定したのでは、
相手からの信頼がえられず、反発して怒りだすか、
それ以上話をしてくれなくなるかのどちらかだろうと思う。


2,×「しばらく内服を休みましょう」

看護師が薬を飲む飲まないを決めてはいけない。


3,×「服薬チェック表を使ってみましょう」

服薬チェック表は、
内服の忘れを防ぐためのもので、
意図的に薬を飲まない人には効果がない。


4,○「薬を飲んだ後の症状を聞かせてください」

まずこの部分を良く聞くことが大切だな。


5,○「薬の内容について主治医に相談してみませんか」

4について話をしたあとで、
話の落としどころはこのあたりになる。




以下は、
特に国家試験とは関係のないけど、
看護師としてのコミュニケーションに関する個人的な考え。

看護師を長くやっていると、
会話をするときの患者さんの反応のパターンがだいたいみえてくるので、
(実際には、そう思ってるだけなんだろうけど、)
患者さんの話すことがかなり意外なものであっても、
わりと冷静に聞けるようになっていたりする。

冷静さというのは、
信頼を得るためには必要なことだと思う。

しかしときには、
冷静さの少ない新人看護師のような対応が、
患者さんの心に響くこともある。

患者さんが意外な話をした時には、
きちんと驚いた方が、
自然だし、相手の心に何かが伝わる。

かと言って、
新人看護師のように、
患者さんの言葉に振り回され過ぎるのも疲れるけど。

冷静さと、素の感情のさじ加減。

まあ、
そんなこと考えながら働いている私は、
患者さんからかなり胡散臭く見られているかもしれないけど。


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
第100回看護師国家試験 午後問題93 統合失調症の患者の訪問看護に関する問題3 看護師父さんの仕事と勉強の記録/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる