看護師父さんの仕事と勉強の記録

アクセスカウンタ

zoom RSS ナースの法則78 自己抜去する患者には理由がある

<<   作成日時 : 2014/06/28 22:09   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0


この本を参考にした、私なりのナースの法則。

ナースの法則78は

自己抜去する患者には理由がある

というもの。

法則の解説は、

理由もなく抜いているとは限らないので、まず理由を考えてみる。

というもの。


この法則にちょっと似ていますが、
こういう記事を読みました。

《533》 「問題行動」は、患者の「適応行動」 - ひょっとして認知症? - アピタル(医療・健康)

記事のタイトルが、
ズバリ答えなのだと思います。

「問題行動」は、患者の「適応行動」

点滴にルートなどの治療のために体についている管を自ら抜いてしまうこと(自己抜去)も、
看護師などの医療者側には問題行動なのだけれど、
患者さんにとっては当然そうすべき行動。

いやむしろ、
そうしないといけない行動なのだと思う。

体の内部にチューブ状のものが突っ込まれていることに気がついたら、

抜かないとやばい!

と思うのが普通だろう。

その気持ちを抑えられるのは、
それが病気の治療のためだということが分かっている場合のみ。

それ以外の場合は、
当然抜く。


私のナースの法則78

治療のためだと理解されていなければ、自己抜去がおこるのが普通



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
ナースの法則78 自己抜去する患者には理由がある 看護師父さんの仕事と勉強の記録/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる