看護師父さんの仕事と勉強の記録

アクセスカウンタ

zoom RSS ナースの法則175 患者にするように同僚にもやさしく

<<   作成日時 : 2015/06/11 23:04   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0


この本を参考に私なりのナースの法則を考えている。

ナースの法則175は

患者さにするように同僚にもやさしく 
それができないなら自分にやさしくしてくれる人を見つけなさい


この法則の解説は

「患者にやさしくせねば」と尽くしてばかりの生活に自分を見失っている人。もっと自分を大切に。


看護師が彼女だったりする男性は、
彼女に優しくすることで、遠回りに患者さんに役に立っているのかもしれません。

彼氏にとっては、
看護師の彼女の先にいる患者さんなんてどうでもいいことでしょうけど。

どうでもいいと言っても、
人と人とは必ずどこかでつながっているので、
看護師の彼女が職場で患者さんに受けた影響は、
その彼氏のところにも何かしら届いているはずです。

彼氏にやさしくされたことが職場で患者さんに届くのだとしたら、
職場で患者さんから受けたストレスは彼氏に届くのです。


それにしても、
辛い職場のストレスをひたすら癒してくれる彼氏というのも、
非現実的です。

彼氏の方で、
相手のことを支えられているということに喜びを感じられて、
彼女の方ではそのことに素直に感謝できたら良いのだろうと思いますが、
ずっとそういうバランスでいることも難しいことです。


それから、
恋愛の場合の幸せ感というのは、
舞い上がってしまって、地に足がつかない感じがします。

問題を抱えていた場合は、
逆効果になることもあり、
アップダウンが激しそうです。

一方、
結婚して家庭が円満だった場合は、
地味ではありますが、
コツコツ続けていく看護師のような仕事には、
役に立つのかなと思います。

「家庭が円満」という状態も、
簡単に維持できるものでもないかもしれませんが。


私のナースの法則175

誰かに優しく出来たことで、自分の心が満ち足りれば、だれかに優しくするほどに優しい気持ちになれるのだと思うのだけど、無理かな?




テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
ナースの法則175 患者にするように同僚にもやさしく 看護師父さんの仕事と勉強の記録/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる