看護師父さんの仕事と勉強の記録

アクセスカウンタ

zoom RSS ナースの法則180 「自分だったら」と投影しているうちは本当の相手は見えてこない

<<   作成日時 : 2015/06/26 07:25   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0


この本を参考に私なりののナースの法則を考えている。

ナースの法則180は

「自分だったら」と投影しているうちは本当の相手は見えてこない 「その人だったら」と考えることである

この法則の解説は

「自分だったら」はよく使われるが、人と自分とは思考パターンが違うということを認識し、相手の立場に立って考えることが大切。自分と他人は違うもの。


「自分だったら」と考えられる人は、
自分と他人の考え方の違いを意識できている人なんじゃないかと思います。

それすら出来ていない人は、
「普通だったらこうする」
というような言い方をする。

これだと、
自分も他人もなく、一般的な正解があるかのように考えているので、
相手の気持ちをわかろうとすることや、
自分が相手のような立場に置かれたらどのように感じるかと、
想像することができません。


他人はどこまでいっても他人なので、
相手の気持ちや考えは、直接相手に聞いてみるか、
自分の体験や感じ方から推測するしかありません。

直接聞いてみたとしても、
相手が自分の気持ちを正確に表現できるとは限らないですし、
推測は所詮推測です。

なので、相手の気持ちをわかろうとする努力の最初として、
「自分だったら」と考えることは、
悪くはないのではないかと思います。

というか、
相手の気持ちや考え方を知るためには、
そこからスタートするしかないのではないでしょうか。


そして、相手の気持ちが理解できるということは、
自分が相手のような立場に置かれたときには、自分も同じように感じるかもしれないな、
と、ほんの少しでも思えるようになることなんじゃないかと思います。


ナースの法則180

自分の経験が増えるほどに、相手の気持ちが理解できるようになるように



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
ナースの法則180 「自分だったら」と投影しているうちは本当の相手は見えてこない 看護師父さんの仕事と勉強の記録/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる