看護師父さんの仕事と勉強の記録

アクセスカウンタ

zoom RSS 日野原先生からナースに贈る35のメッセージ メッセージその7

<<   作成日時 : 2016/06/02 23:24   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0


この本より。

7.上手に人の力を借りてね、ナースはマネジメントすればいいの。


本文より

訪問看護師は「病院から検査データをいただけないことがありますが、”データは患者さんのものだから”患者さんにも訪問看護師にもデータは必要です」と言いました。

日野原先生は「僕はその考え方には異議があるな。それではチーム医療はできないじゃないの。それは間違った考え方なんだから屈服してはダメだよ。それから、自分で全部やろうとするのは間違い。不得意なところは誰かにやってもらうの。上手に人の力を借りてね。ナースはマネジメントすればいいの」と、チーム医療における訪問看護師の役割を明確にしました。


僕はこの日野原先生の考えには異議があるな、
と、偉そうに言ってみると、
ちょっと面白いかなと思っただけです。

特に異議はありません。

ほんとうに理想的なチーム医療を目指すとしたら、
病院側から、患者さんにも訪問看護師にも、
データを示しながら病状の説明などがあるといいのでしょう。

チームとして機能するには、
相手の考えていることや個性を知ることは大切です。

そのために必要なのは対話。

しかし、対話の場で
データを示せ!
と、言ってしまったら、
極端に言えば
証拠を出せ!
みたいな感じで、
対話ではなくて対決になってしまう。

医師と対決してしまっている看護師は、
時々いると思うのですが、
その必要は無いなと思います。


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
日野原先生からナースに贈る35のメッセージ メッセージその7 看護師父さんの仕事と勉強の記録/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる